自由が丘 目黒区 世田谷区 クリニック 一般内科 内科 消化器科 糖尿病内科 胃カメラ 胃内視鏡 大腸内視鏡 土曜診療 日曜診療 祝日診療 年中無休

耳鼻咽喉科


耳鼻咽喉科へ戻る


よくある症状と疾患  -のど その他-


のどが痛いのどに異物感があるのどに異物感がある飲みにくい、むせるいびきをかく、息が止まる

首・顎の下が腫れた味がわかりにくい

のどが痛い

のどが痛い

 のどの奥、両側にある「扁桃腺」というところが、細菌やウイルスの感染により急に炎症を起こしてしまうことがあります(急性扁桃腺)。ウイルス感染の場合は、特効薬がありませんが、細菌感染の場合は抗生物質の内服が有効です。重症の場合は外来で点滴をすることもあります。さらに悪化すると扁桃腺の周りに膿がたまり、口が開かない・飲み込めないなどの症状が出てきます(扁桃周囲膿傷)。この場合は、膿がたまっているところを切開して膿を出し、点滴治療が必須となります。のどの奥、口を開けても見えないところがひどく腫れてしまい、息苦しさを感じることもあります(咽頭浮腫・急性咽頭蓋炎)。治療は急を要することも多く、入院が必要となります。 市販の風邪薬を飲んでものどの痛みがひどい時は早めにご相談してください。


のどに異物感がある

 「のどの奥に何かつまっているような感じがする」「いつもののどがヒリヒリ痛い」など、のどに違和感を感じる方は多くいらっしゃいます。 のどの奥に腫瘍が出来ている(咽頭がん・喉頭がん)場合もあるため、鼻の穴から細い内視鏡を入れて、のどの奥を観察し、腫瘍が無いかどうか診察します。腫瘍が見つかれば、より精密な検査が必要となるため、この時点で大きい病院へ紹介することになりますが、実際にはのどの違和感で受診されて腫瘍が見つかることはそう多くありません。「のどがつまる感じはあるものの、内視鏡で見ても特に咽頭・喉頭に異常を認めない」原因不明の違和感であることが多いです。(咽喉頭異常感症)。胃酸の逆流が関係している場合もあるため、胃酸の分泌を抑える薬で反応をみることもあります。また、甲状腺疾患が見つかることもあるため、適宜検査をおすすめしています。


飲みにくい、むせる

 のどに腫瘍や炎症があり、うまく食べられないこともあれば、のどの奥の動きが悪く嚥下障害が起こっていることもあります。嚥下障害と誤嚥の程度によっては、お食事の形態を変える(とろみのついたもの・ゼリー状のものが食べやすいとされています)ことや、嚥下リハビリをすすめさせていただくこともあります。また、神経疾患がかくれている場合もあるため、画像検査などをすることもあります。


声がかれる

 ウイルス・細菌感染症などにより、声帯が炎症を起こすと声がかすれてしまいます(声帯炎)。のどの痛みがなくても急に声が出なくなることがあり、内服や吸入などにより治療します。 また、長引く声がれの場合には声帯できものができていたり、声帯の動きが悪くなっていることもあります(声帯ポリープ、声帯結節、咽頭がんなど)。特に喫煙歴のある方は吸わない方に比べ格段に喉頭がんのリスクが上がるため、声かれが続く場合は早めの受診をおすすめいたします。鼻から細い内視鏡を入れてのどの奥を観察し、腫瘍が無いか調べます。


いびきをかく、息が止まる

 鼻やのどなど、空気の通り道が狭くなることでいびきをかき、ひどくなると息が止まってしまいます。この無呼吸が睡眠中に頻繁に繰り返されると(睡眠時無呼吸症候群)、昼間の眠気や集中力低下につながったり、重症の無呼吸を放置した場合には高血圧・心筋梗塞・脳卒中・糖尿病などを発症する可能性が高まると言われています。 当院では、ご自宅で簡単に無呼吸の有無を検査できる機械を貸し出しております(簡易ポリソムノグラフィー)。いびき・日中の眠気・起床時の頭痛・夜間トイレの回数が多いなどの症状がある場合、一度検査を受けることをおすすめします。 また、乳幼児の場合には、鼻の奥にあるアデノイドやのどの奥にある口蓋扁桃が大きいために(アデノイド増殖症・扁桃肥大)いびきを生じていることが多く、集中力低下や成長障害をきたすこともあるため、早めの治療が必要になります。


首・顎の下が腫れた

首が腫れて痛くなったり、しこりを触れたりすることがあります。 一番多いのはリンパ節が炎症を起こして腫れる炎症性リンパ節炎ですが、首には甲状腺・顎下腺・耳下腺といった腺組織があり、そこが炎症を起こしたり、中に腫瘍ができることもあります。悪性腫瘍のリンパ節転移にも注意が必要です。必要に応じて超音波検査・CT・MRIなどを行います。

※CT・MRIは、他施設での撮影になります。


味がわかりにくい

何を食べても味がわからない、全体的に味が薄く感じる、特定の味がわからないなど、味覚障害にはいろいろなパターンがあります。風邪をひいた後に匂いがわかりにくくなり風味がわからなくなっている場合もあります。血液中の亜鉛や鉄の不足原因である場合が多いため、血液検査をし、不足を補うような治療をします。また、口の中の乾燥が強い場合にはその治療も行います。


池上 奈歩 耳鼻咽喉科担当医   耳鼻咽喉科 診療担当医:
池上 奈歩
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
トップに戻る