自由が丘 目黒区 世田谷区 クリニック 一般内科 内科 消化器科 糖尿病内科 胃カメラ 胃内視鏡 大腸内視鏡 土曜診療 日曜診療 祝日診療 年中無休

耳鼻咽喉科


耳鼻咽喉科へ戻る


よくある症状と疾患  -耳(みみ)-


耳が痛い耳がかゆい耳が聞こえにくい耳がつまったような感じがする耳鳴りがするめまいがする

耳が痛い

のどが痛い

 風邪をひいて鼻水が出ているとき、耳も痛くなることがあります。鼻の奥と耳の奥は耳管という管でつながっているため、風邪を引いたときに鼻の奥でウイルスや細菌感染が起こり、その炎症が耳まで広がると耳が痛くなります(急性中耳炎)。お子さんの場合ははっきり耳を痛がるのではなく、機嫌が悪い、熱が続く、などで見つかることも多いです。耳鏡という機械で耳の中を観察し診断します。鼻炎が原因になっていることが多いため、鼻汁を吸引し、その後ネブライザーで薬を鼻の奥まで届けます。外来での鼻処理・ネブライザーと、ご自宅では抗生物質などを内服していただき、完治するまで経過を見ることが重要です。特に小さいお子さんの場合は、痛みがなくなり熱が下がっても、治りきっていないこともあります(滲出性中耳炎)。

 また、中耳炎になっていなくても耳に痛みを感じることがあります。鼓膜より外側の外耳道というところが腫れていたり(外耳炎)、顎の間接の痛みを耳の痛みとして感じる場合もあります(顎関節症)。


耳がかゆい

 耳掃除をし過ぎたり、補聴器を使っていたりすることで耳の中に炎症を起こしている場合があります(外耳炎)。鼓膜の外側、耳かきで手が届く部分を外耳道と言いますが、この部分に湿疹が出来ている場合は塗り薬などを処方します。湿疹だけでなく細菌感染症があり耳たれが出ている場合には内服薬や点耳薬も処方します。耳の中で真菌(カビ)が繁殖してしまい、かゆみやじゅくじゅくする感じが長引いていることもあります(外耳道真菌症)。この場合は、耳の中を洗うなどこまめに処置に通っていただきます。放っておいてひどくなってしまうとかなり治療が長引きます。お早めにご相談ください。


耳が聞こえにくい

耳が聞こえにくいことを「難聴」と言いますが、難聴の原因は様々です。徐々に進行する場合、急激に進行する場合、突然発症する場合、と発症の時期もいろいろです。徐々に進行する難聴の代表が老人性難聴です。 加齢によって徐々に進む老人性難聴は、残念ながら今の医学では治療法がありません。ですが、聴覚はとても重要な感覚です。聞こえにくくてもそのままにしてしまうと脳の一部が萎縮してしまい、認知症を発症する可能性が指摘されています。難聴は出来るだけ早く発見し、程度によっては補聴器を装用することが重要です。 

当院の担当医は補聴器相談医の資格を持っております。いきなり補聴器を作るのではなく、まず一度受診してみることをおすすめします。 また、「年のせいかな?」と思っても、手術で治る可能性のある難聴がかくれている場合もあります。この場合は手術ができる病院をご紹介させていただきます。

単純に、耳垢がつまっているだけの場合もあります(耳垢栓塞)。水で耳垢がふやけると急に聞こえにくくなってしまうことが多いので、特に小さいお子さんはプールに行く前にはお耳のチェックにいらしてください。痛くないようにお耳のお掃除をいたします。

お子さんの難聴の中で一番多いのが滲出性中耳炎です。鼓膜の奥に滲出液がたまってしまい聞こえが悪くなります。急性中耳炎引き続いてなることもあれば、特に痛みもないのでいつからなのかわからないこともあります。呼びかけても返事をしない、聞き返すことが多い、テレビのボリュームが大きいと感じることがある場合は一度受診してみてください。大人でも、風邪をひいた後などになることがあり、飲み込むたびに耳の中でバリッと音がしたりする場合もあります。まずは、内服治療をしますが、なかなか治らない場合には鼓膜を切開したり、チューブを入れたりすることもあります。

突然発症する難聴に、突発性難聴があります。内耳への血のめぐりが悪くなることや、何らかのウイルス感染が関係しているのではないかと考えられていますが、原因はまだわかっていません。急に耳鳴りが始まって気づく場合もあれば、全く聞こえなくなってしまう場合もあり、程度は様々です。聴力検査の結果によっては入院治療や外来通院での点滴をお勧めすることもあります。当院では、副腎皮質ステロイド・血管拡張薬・神経回復に必要なビタミン製剤などの点滴治療を行っております。一回の点滴時間は一時間程度で、約一週間毎日続けて点滴を行います。

まれではありますが、急な難聴をきっかけに耳の奥に腫瘍が見つかることもあります。疑わしい場合には頭部MRI検査を予定させていただきます。 聴力低下が急激に進行する場合、突然発症した場合は、なるべく早く受診してください。 治療が遅くなると治らなくなってしまうことがあります。


耳がつまったような感じがする

 耳垢がつまっている場合もありますが、鼓膜がきれいに見えても症状がある場合には聴力検査を行います。「聞こえない」とは感じなくても、低い音だけが聞こえなくなっている場合があります(急性低音障害型感音難聴)。若い女性の方にも多く、疲れやストレスがきっかけになる場合が多いようです。
  また、人によっては繰り返すこともあります。早めに内服治療することでほとんどの場合は良くなりますが、時間がたってしまうと治らないこともありますので、一晩寝てもつまった感じが取れない場合は早めに受診してください。


耳鳴りがする

 耳鳴りのほとんどが本人しか聞こえない音で、音は「キーン」「ジー」「ゴー」など様々です。「難聴」という自覚がなくても、難聴を合併していることが非常に多いため、当院では必ず聴力検査を行っています。 耳鳴りはとても苦痛なものですが、本人以外には聞こえずその辛さをわかってもらえないため、さらに気持ちが塞いでしまいます。当院へも「耳鼻科はあちこち受診したが治らないと言われた」とやってくる方が少なくありません。確かに、残念ながら「飲めば耳鳴りが止まる特効薬」はありませんが、耳鳴りをゼロにできなくても、必ず今より楽にすることはできると考え治療にあたっております。まずはゆっくりお話を聞くことから始めますので、なるべく予約をお取りになっていらしてください。


めまいがする

急なめまい、繰り返すめまいはとても不安になりますし、ひどい場合は動けなくなってしまうので救急車の要請も多い症状です。ひどいめまいの場合は脳梗塞など頭の中の異常が心配になると思います。症状がめまいだけの場合には内耳が原因であることが多いのですが、常に脳や血管の異常を疑わせるサインを見逃してはいけない、という気持ちで診察にあたっております。 めまいがあるときには「眼振」という目の揺れが出るため、これを特殊なメガネを使って観察し、原因を考えます。眼振が出ないときにはめまいの原因がはっきりしないこともよくあります。 めまいと一緒に耳の閉塞感・耳鳴りが生じる発作を繰り返すこともあります(メニエール病)。メニエール病は名前は有名ですが、実際にはさほど多くなく、内耳が原因で起こるめまいのうち一番多いのは良性発作性頭位めまい症です。起き上がる時や寝返りをうつ時など、頭の位置を動かす時に天地がひっくり返るような激しいめまいが起こりますが、通常は1分以内におさまります。内服治療に加え、理学療法をご指導いたします。めまいがひどく動けない場合には点滴を行うこともあります。

池上 奈歩 耳鼻咽喉科担当医   耳鼻咽喉科 診療担当医:
池上 奈歩
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
トップに戻る