1. HOME
  2. 診療のご案内

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科 睡眠時無呼吸外来 花粉症治療

 耳鼻咽喉科では、中耳炎・蓄膿症・耳鳴り・めまい・花粉症・ アレルギーに対する診療を行っております。「耳が痛い」「聞こえが悪い」「鼻水がでる」「鼻がつまる」「においがしない」「喉が痛い」「喉に違和感がある」など、耳・鼻・のどの症状で気になる方は是非お気軽にご相談ください。

★また、当院では新型コロナウイルス感染症対策の一環として、ネブライザー(鼻・喉の吸入器)治療を暫くの間休止させて頂きます。

耳鼻咽喉科:診療受付時間

9:30-12:30
14:00-17:00▲3▲4

※臨時休診情報は、トップページのお知らせ欄でご確認ください。

△3・・・・木曜日は、15:00から。
△4・・・・金曜日は、15:00~16:30まで
※土曜日は、不定期で診療のため、診療日はお問い合わせください。

耳の症状耳  

耳の痛み・耳だれが出る・耳鳴りがする・耳の閉塞感、耳の聞こえが悪いといった具体的な症状や、"めまい"、"ふらつき"も耳からくる病気の場合があります。また、補聴器の相談も承ります。

● 中耳炎・難聴・めまい・補聴器の相談など。


耳のよくある症状

耳が痛い 耳がかゆい 耳が聞こえにくい 耳がつまったような感じがする
耳鳴りがする めまいがする

鼻の症状鼻  

鼻水・鼻づまり・鼻血・くしゃみ・臭い鼻がでる、においを感じないなどの症状。アレルギー性鼻炎の治療等もお気軽にご相談ください。

● 副鼻腔炎・蓄膿症・アレルギー性鼻炎など。


鼻のよくある症状

くしゃみ・鼻汁が多い 鼻づまり 鼻が痛い 鼻血がよく出る

耳の症状耳  

のどが痛い・声かれる・のどの異物感・痰に血が混じる・扁桃腺の腫れ、頚部の腫れや、味がしない・口内炎など、のどの諸症状にも対応致します。

● 扁桃炎・アデノイド肥大・声帯結節・ポリープなど。

*その他、耳・鼻・のどの事でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。


喉のよくある症状

のどが痛い のどに異物感がある のどに異物感がある 
飲みにくい、むせる いびきをかく、息が止まる 
首・顎の下が腫れた 味がわかりにくい


睡眠時無呼吸外来

このようなお悩みありませんか?

「大きないびきをかく」「ときどき呼吸が止まる」など言われる。 睡眠不足では無いのに、日中強い眠気が来る事はありませんか? なぜか体が怠いと感じることが多くありませんか?  このような事に該当する方は、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。放置しておくと、高血圧や心臓病、糖尿病、脳卒中などの合併症を 起こしやすいといわれています。 お心当たりのある方は、一度ご相談ください。

診断方法

診断は、睡眠中の呼吸状態をモニターする検査で行います。 当院ではまず、自宅で出来る簡易型検査装置による検査を行います。 その結果により、さらに精密検査が必要な場合もあります。

治療

治療には、減量・生活習慣の改善、マウスピース作成、CPAP治療、手術があります。 CPAPとは、「経鼻的持続陽圧呼吸療法」といって、鼻からマスクで空気を送り込むことによって、鼻から呼吸できるようにし、無呼吸を防ぐ方法です。 当院では、CPAPの導入フォローアップも行っています。


花粉症治療

花粉症について

花粉症とは、 「季節性アレルギー性鼻炎」もしくは「季節性アレルギー性結膜炎」とも呼ばれ、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因(アレルゲン)となって、鼻みず・くしゃみ・鼻づまり、 目の充血やかゆみ、流涙などの諸症状を惹き起こす、アレルギー性の病気です。 花粉症は、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などとセットでかかってしまう人が少なくありません。人によっては、一度にかからなくとも、時期をずらしながら、花粉症だったり、アトピーだったりさまざまな諸症状が現れることもあります。 当院では、花粉症の症状を軽減するお薬による治療と、舌下免疫療法を行っております。花粉症の症状がある方は、ご相談ください。

花粉症の種類 症状の期間 原因物質(アレルゲン)
季節性アレルギー性鼻炎
アレルギー性結膜炎
アレルゲンとなる
花粉が飛ぶ季節
スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ
・シラカバなどの花粉など
通年性アレルギー性鼻炎
通年性アレルギー性結膜炎
アレルゲンが通年存在する ダニ・ハウスダスト・ゴキブリなどの
昆虫・ペットの毛・フケなど

治療について

アレルギー性鼻炎(花粉症)の患者さんはそれぞれに、発症する時期、症状、経過、が異なります。薬による治療効果や眠さなどの副作用の症状も違いますので、患者さんと充分ご相談の上、治療を決めていきます。 治療の効果を高めるために可能であれば、症状が始まる前までに治療を始めることをお勧めします。


 

スギ花粉症舌下免疫療法

○スギ花粉舌下免疫療法の治療開始は、6月~11月の間に行います。 12月~5月の間は治療を開始できません(治療に関するご相談は、随時承っております)。

舌下免疫療法とは、アレルギーの原因となる成分を少しずつ体に入れることで、体を慣れさせ、アレルギー反応を起こさせなくする方法です。
抗アレルギー薬はその時の症状をやわらげるだけの「対症療法」ですが、舌下免疫療法はアレルギーそのものを治す「根本的な治療」となります。

舌下免疫療法は、薬を舌下すなわち舌の裏において服薬をします(薬は唾液で溶けます)。

スギ花粉症舌下免疫療法

定期的に処方を行い、自宅で服薬を継続していきます。治療初期の数回は、2週間ごとに通院して頂く必要がありますが(副作用等安全性の確認のため)、その後は1ヶ月間隔の通院で治療が可能となります。 舌下免疫療法にはメリット・デメリットがあります(※下記表参照)。

 
  舌下免疫療法
メリット
・治療を継続していく事で、スギ花粉アレルギー症状の発症そのものを抑えることができる。
・アレルギー症状が発症しなくなれば、抗アレルギー薬服用の必要がなくなる。
 (抗アレルギー薬による眠気など副作用から開放)
デメリット
・毎日自宅で服薬の必要があり、服薬方法を正確に覚える必要がある。
・治療期間は長期の継続(3~5年)が必要なため、スギ花粉シーズン外にも通院が必要となる。
・重篤な副作用としてショック症状(アナフィラキシー)の可能性がある。
 ※重篤な副作用自体はごく稀で、皮下免疫療法と比較しても少ないです。

ご自身のライフスタイルや希望に合わせて、治療方法を選択する事が重要です。対症療法による治療も行っておりますので、花粉症でお困りの方はお気軽にご相談ください。

○当治療は、血液検査によりスギ花粉症陽性である方が対象となります。
   治療を希望の際は、他院での血液検査結果を持参頂くか、当院で検査を受けて頂く必要があります。

アレルゲン(原因物質)検査

当院では、アレルゲン検査を行っております。採血で検査を行います。アレルギーの原因物質を知れば,症状の強い時期が予想でき,対策も変わってきます.予防、重症化、難治化を防ぐためにも原因物質を一度調べてみてください。