自由が丘 目黒区 世田谷区 クリニック 一般内科 内科 消化器科 胃カメラ 胃内視鏡 大腸内視鏡 土曜診療 日曜診療 祝日診療 年中無休

検査案内

検査案内

当院では、苦痛のない内視鏡(胃カメラ)は2つの方法が選択可能です。

① 麻酔薬(鎮静剤)を用いた経口内視鏡
② 鼻から細経スコープを用いた経鼻内視鏡

検査を希望される方は、事前に医師の診察を受けて頂きます。

完全予約制ですので、当日の検査は出来ません。

※ただし、医師の診断により緊急性がある場合はこれに限りません。

苦痛の少ない内視鏡検査を行っております。

自由が丘メディカルプラザでは苦痛のない内視鏡を行っています。
胃の内視鏡検査は先端にカメラのついた直径7~10mmのスコープを口または鼻から挿入し、胃内部を観察し、胃粘膜にできた潰瘍やポリープ、癌などを診断する検査です。
特に気になる症状がないからという方も、その体内では「小さな異変」が起こっていることもあります。がんなどの早期治療・早期発見が重要です。

胃内視鏡検査(胃カメラ)
 このような方は胃カメラ検査をおすすめします

●胸やけ、空腹時の胃もたれ、胃痛などの症状の見られる方

●定期検診などで精密検査を必要とされた方

●家系で胃がん・大腸がんの方がいらっしゃる方

●35歳以上で、これまで内視鏡検査を行ったことがない方

検査を受けるにあたっての注意事項

【食事について】
内視鏡センター
食事について  前日のお食事は、検査の12時間前までに済ませてください。
水分は、当日も水、緑茶、ウーロン茶、ポカリスエットであれば制限がありません。

【内服薬について】
お薬について  血液を固まりにくくするお薬を服用されている方は、生検(粘膜の一部を採取する事)や、ポリープ切除は原則できません。
薬を飲まれている方は、薬の種類によって中止していただか無ければ行けない場合もございますので、診察時に医師にご相談ください。

【検査当日】
当日について 

検査の15分前には、ご来院いただき、受付を済ませるようにしてください。

また、予約時間に遅れてきた場合は、お待たせする時間が多く発生してしまう可能性がございます。

経口からの検査をご希望の方は、苦痛を和らげるために鎮静剤を使用することがあります。検査後は、ふらつき、眠気などの副作用がありますので、検査当日は公共の交通機関でのご来院をお願い致します。

検査後は鎮静剤が覚めるまで休んで頂いてからお帰りいただきますので、検査がすべて終わるまでにお時間がかかり、検査にかかかるお時間には個人差がございます。


トップに戻る